本文へスキップ
一般社団法人 日本ボイラ協会 長野支部
〒380-0813 長野市鶴賀緑町1403 大通り昭和ビル2F
TEL 026-235-3755 FAX 026-219-2007

一般社団法人 日本ボイラ協会 長野支部

 一般社団法人日本ボイラ協会長野支部は、長野労働局の登録教習(講習)機関として、
ボイラーに関する講習を開催しています。
 当サイトでは講習会の案内や協会会員の募集を行っています。

お知らせs

新着情報 各種講習等の受講料の改定について
  
平素は当協会事業運営にご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、このたび諸事情により各種講習等の受講料を以下の通り改定させていただくこ とになりました。誠に申し訳ございませんがご理解くださいますようお願い申し上げ ます。
  1.改定時期:平成30年4月1日より
  2.改定後の各種受講料:別紙のとおり
        別紙はこちら

新着情報 平成30年度各種講習年間計画について
  
平成30年度各種講習年間計画表は
こちら
です。

新着情報 平成30年5月開催「ボイラー実技講習」について
  
◆平成30年第1回「ボイラー実技講習」(2級ボイラー技士免許交付要件取得講   習)を下記により開催します。
    〔座学〕平成30年5月21日(月)~23日(水)<松本市>
    〔実習〕平成30年5月24日(木)又は25日(金)<長野市>
              
詳細は こちら  

『短期訓練受講費』制度のご案内


 『短期訓練受講費』とは、雇用保険の受給資格者等が、平成29年1月以降に、ハローワークの職業指導により再就職のために1ヶ月未満の教育訓練を受け、訓練を修了した場合に、支払った教育訓練経費の2割(上限10万円)が支給される制度です。
 当支部開催の以下の講習が該当します。
 ◆ボイラー実技講習(但し、小型ボイラー取扱業務特別教育部分は除外)
 ◆ボイラー取扱技能講習
 ◆普通一圧取扱技能講習
 ◆受験準備講習(2級ボイラー技士、ボイラー整備士)
 ※受講前に受給資格について最寄りのハローワークに必ずご確認ください。また、本制度をご利用の場合、受講申込時、「短期訓練受講費支給要件照会票」を提出願います。
                                 詳細はこちら

2級ボイラー技士試験挑戦の方へ シリーズ『必携攻略本』続々登場!


 ◇〔新版〕最短合格2級ボイラー技士試験〔4科目完全網羅〕
 〔新版〕わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則〔法令〕
 ◇ 
平成29年版2級ボイラー技士試験公表問題解答解説

 ※
当協会が満を持して発刊した2級ボイラー技士への最短合格を目指す皆さんに圧倒的な好評を得ている『最短合格2級ボイラー技士試験』にこのほど「関係法令」を加え4科目完全網羅としたこと、また、法令科目編新版の『〔新版〕わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則』、さらに、過去問の合本『平成29年版2級ボイラー技士試験公表問題解答解説』が相次ぎ登場。受験バイブルとしての必携攻略本!是非ご活用下さい。
   ※お申し込みは当支部まで  図書案内はこちら 
 
    その他の図書は支部「図書販売」バナーから 「図書注文書」こちら

講習修了証の「再交付」、「書替」について


 このたび、「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令」が交付され、平成29年4月1日より、各種講習申込書、講習修了証等への『本籍地』の記載の必要がなくなりました。これに伴い、当支部で交付した各種講習・教育修了証の「再交付」又は「書替」の申込申請の際には、申込書に『本籍地』の記入が不要となります。したがって、平成29年4月1日以降、再交付等の申請にあたっては、別添の申込書「pdf」をダウンロードしてご利用ください。
 なお、再交付手数料は1,500円です。   
                  ダウンロードはこちらから

「当協会会員の皆様へ」
 『ボイラ安心保険」制度のご案内

当協会では会員サービスの向上を図るため、ボイラー等を補償の対象とした協会独自の団体保険制度である「ボイラ安心保険」を導入いたしました。当保険制度は当協会の会員だからこそご加入いただける制度であり、割安な保険料でご案内しております。つきましては、この機会に是非ともご加入をご検討賜りますようお願い申し上げます。
 『ボイラ安心保険』のパンフレット  こちら  保険約款等については  こちら    
労働災害防止

会員事業場の皆様へ!
◆信州・春の安全衛生教育推進運動について
 
—事業主の皆さん!—

労働安全衛生法により、雇い入れ時教育・職長等教育・技能講習・特別教育などが義務つけられています。労働災害は本来あってはならないものであり、労働災害を防止するためには、労働者への十分な安全衛生教育が不可欠です。とりわけ春先の3~4月にかけては多くの企業で新規労働者の採用、もしくは年度切り替えに伴う配置転換等が実施され、作業に不慣れな労働者が一時的にも増加するなどから、特にこの時期の安全衛生教育実施が必要です。
その教育推進運動の柱が、「セーフティ・ファースト―安全第一」の考え方を、新人教育等において、労働者一人一人に浸透させるとともに地域全体の安全衛生意識を向上させることにあります。
 さらに、信州・危険の「見える化」推進運動と連携し、事業者と労働者が一体感を持って労働災害の撲滅を図るものです。関連資料を以下に添付します。
◆長野労働局(平成29年12月)「信州・春の安全衛生教育推進運動 実施要領」 ここから
◆リーフレット「平成29年度安全衛生教育促進運動」  ここから

一般社団法人日本ボイラ協会
          長野支部

〒380-0813
長野市鶴賀緑町1403
大通り昭和ビル2F

TEL 026-235-3755
FAX 026-219-2007