小規模ボイラーとは?
①蒸気ボイラーで伝熱面積が3㎡以下、又は胴の内径が750mm   以下で胴の長さが1300mm以下のもの
②温水ボイラーで伝熱面積が14㎡以下のもの
③貫流ボイラーで伝熱面積が30㎡以下のもの
本文へスキップ
一般社団法人 日本ボイラ協会 長野支部
〒380-0813 長野市鶴賀緑町1403 大通り昭和ビル2F
TEL 026-235-3755 FAX 026-219-2007

講習案内schedule

ボイラー・圧力容器関係の各種技能講習等のご案内

講習会について

  ◇当支部は長野労働局長登録教習(講習)機関として以下の登録を受けております。
   登録番号 1号       ボイラー取扱技能講習 (有効期間満了日 平成31年3月30日)
   登録番号 3号       普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習 (有効期間満了日 同上)
   登録番号 実技講習第1号  ボイラー実技講習 (有効期間満了日 平成31年9月30日)

 ◇当支部では次の講習を実施しております。
  
・ボイラー実技講習(平成24年4月1日より試験合格者免許交付要件講習、受験前受講も可)
  ・ボイラー取扱技能講習(小規模ボイラー・小型ボイラー)
  ・普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習(加熱器等)
  ・ボイラー取扱作業主任者能力向上教育・取扱者安全衛生教育(定期)
  ・普通第一種圧力容器取扱作業主任者能力向上教育(隔年開催・定期)
  ・二級ボイラー技士免許試験受験準備講習
  ・ボイラー整備士免許試験受験準備講習
 ◇なお、以下の講習は雇用保険受給資格者の皆さんを対象とした『短期訓練受講費制度』に該当します。
  詳細は、当ホームページのトップページをご覧いただくか、最寄りのハローワークにご確認ください。
  ◆ボイラー実技講習(但し、小型ボイラー取扱業務特別教育部分は除外)
  ◆ボイラー取扱技能講習
  ◆普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習
  ◆受験準備講習(2級ボイラー技士試験、ボイラー整備士試験)


 ◇ 平成30年度 実施計画(予定)
実施予定表(概要)のダウンロード(pdf)
実施計画表のダウンロード(pdf)

平成30年10~11月開催のご案内

開催日 講習名及び概要 会場
 平成30年10月11 日(木)~12日(金)  平成30年度第2回
【ボイラー取扱技能講習】(開催地:松本市)
 (小規模ボイラー取扱資格取得講習)
 (短期訓練受講費制度対象講習)

 
ボイラーの取扱いは労働安全衛生法によりボイラー技士等の特定の資格が必要ですが、次の「小規模ボイラー」については、本講習を受講修了することでボイラー技士免許が無くてもその取扱いができることとされております。また、近年普及している「小型ボイラー」についても本講習を修了することで特別教育を受けなくても取り扱うことが可能となります。
 なお、本講習は「短期訓練受講費制度」対象講習ですがご利用の方は、受講お申し込み前に最寄りのハローワークへご照会ください。
【小規模ボイラーとは?】
①蒸気ボイラーで伝熱面積が3㎡以下、又は胴の内径が750mm以下で胴の長さが1300mm以下のもの
②温水ボイラーで伝熱面積が14㎡以下のもの
③貫流ボイラーで伝熱面積が30㎡以下のもの

※受講料〔テキスト代別途〕(消費税込)
 ※平成30年4月より次のように改定致しました。
   14,000円
※定員
  50名(定員になり次第締め切らせていただきます)
※受講申込受付期間
  平成30年9月10日(月)~21日(金)  
講習案内のダウンロード(pdf)
申込書のダウンロード(pdf)
ポリテクセンター松本(松本市寿北7-17-1)
 平成30年10月26日(金) new! ボイラー水管理の基礎がわかる
ボイラー取扱作業者のための

 
【水管理技術講習会】(開催地:松本市)
  
◆近年、小型ボイラーの増加に伴い、水管理そのものを「専門業者」にお任せするケースが多々見られ、ボイラー取扱者が実際の水管理の運用に係らない傾向が強くなっており、水管理に関する知識、運用技術の低下が懸念されております。
 本講習会では、特に小型貫流ボイラーをはじめ、中小炉筒煙管・水管ボイラー特有の水管理に絞り込み、必要な専門知識を分かり易くより実践的に学んでいただけます。

※受講料〔テキスト代別途〕(消費税込)
  会 員:13,000円
  非会員:16,000円
※定員
  40名(定員になり次第締め切らせていただきます)
※受講申込受付期間
  平成30年10月1日(月)~19日(金)  
講習案内のダウンロード(pdf)
申込書のダウンロード(pdf)
ポリテクセンター松本(松本市寿北7-17-1)
 〔座学〕
平成30年11月7 日(水)~9日(金)

〔実習〕
11月14日(水)・15日(木)のどちらか1日
 平成30年度第3回
【ボイラー実技講習】(短期訓練受講費制度対象講習)
 (2級ボイラー技士免許交付要件取得のための講習)
   〔開催地:(座学)松本市 (実習)長野市〕

 
本講習は、2級ボイラー技士免許交付要件を取得するための講習で、免許試験受験前でも受験後でも受講が可能です。
 既に免許試験に合格されている方は、法廷内講習として3日目(関係法令)を除く3日間(20時間)の受講が必要です。
 また、これから免許試験を受験される方は、3日目の関係法令を含む4日間の受講をお勧めいたします。なお、「小型ボイラー関係法令他」2時間を含む4日間フルに受講修了された方には、「ボイラー実技講習修了証」のほかに小型ボイラーを取り扱うことのできる「小型ボイラー取扱業務特別教育修了証」が交付されます。
 注)「短期訓練受講費制度」ご利用の方は、受講お申し込み前に最寄りのハローワークへ必ずご照会ください。

※受講料〔テキスト代別途〕(消費税込)
 ※平成30年4月より次のように改定致しました。
 ①3日間の場合(法廷内講習)   19,800円
 ②4日間の場合(小型特別教育含む)28,000円
 ③  〃   (小型特別教育除く)24,800円
※定員
  80名(定員になり次第締め切らせていただきます)
※受講申込受付期間
  平成30年10月15日(月)~25日(木)  
講習案内のダウンロード(pdf)
申込書のダウンロード(pdf)
〔座学会場〕
ポリテクセンター松本(松本市寿北7-17-1)

〔実習会場〕
ホクト文化ホール〈長野県県民文化会館〉(長野市若里1-1-3)
 平成30年11月22日(木) new! ボイラー・蒸気の省エネがわかる
 
ボイラーシステムの
 【省エネルギー技術講習会】
(開催地:松本市)
  
◆ボイラーシステムは企業の中で大きなエネルギーを扱っています。ボイラーの燃料費は運用コストの8割を占めており、燃料の省エネ効果は大きく、地球環境の改善とともに、会社の利益に直結します。ボイラーを取扱う方は、常日頃からボイラーに接しており、『省エネの種』を見つけやすく、また、省エネの提案ができる立場にあります。
 本講習では、「ボイラー省エネの基礎」、「豊富な省エネ事例(15例)」を通じて『省エネ手法』や『効果の計算』などの実践的な知識を得ることができます。省エネの種を見つけ省エネを協力に実現し、コスト低減を進めましょう。

※受講料〔テキスト代別途〕(消費税込)
  会 員:13,000円
  非会員:16,000円
※定員
  40名(定員になり次第締め切らせていただきます)
※受講申込受付期間
  平成30年10月22日(月)~11月2日(金)  
講習案内のダウンロード(pdf)
申込書のダウンロード(pdf)
ポリテクセンター松本(松本市寿北7-17-1)

一般社団法人 日本ボイラ協会
           長野支部

〒380-0813
長野市鶴賀緑町1403
大通り昭和ビル2F

TEL 026-235-3755
FAX 026-219-2007